ディスコの歴史 長野事業所・茅野工場 営業開始まで

 
1937年
関家 三男が第一製砥所を呉市阿賀町に創業
研削用砥石の製造ならびに販売を開始
 
1940年
組織を有限会社第一製砥所に変更し、本社を東京都神田に移転
 
1956年
我が国最初の極薄のレジノイド砥石を完成
万年筆メーカーの依頼により、厚さ0.13~0.14ミリ、直径100ミリのレジノイド砥石の量産体制に入る
 
1958年
工場(呉工場)を呉市広町に新設し、阿賀工場の切断砥石部門を移転
有限会社を株式会社に改組
 
1968年
超極薄40ミクロンレジノイド切断砥石「ミクロンカット」の開発に成功
 
1970年
スライシングマシーンを開発。販売を開始
 
1975年
DAD-2Hオートマチックスクライバ/ダイシングソーを開発。米国の展示会に展示し、大反響を呼ぶ
 
1977年
商号を株式会社ディスコに変更
 
1988年
会社の商号(英文)をDISCO CORPORATIONに変更
 
1997年
企業としての価値観である「DISCO VALUES」を構築、社内共有を開始
 
1999年
株式を東京証券取引所第一部に上場
 
2004年
本社・R&Dセンターを東京都大田区大森北2-13-11に新築移転
 
2006年
信濃電気株式会社を事業譲渡により子会社化し、「株式会社ダイイチコンポーネンツ」として営業開始
(本社:東京、工場:茅野市)
2006年12月、ディスコ装置用モーターの主要サプライヤだった信濃電気株式会社の全事業・従業員を引き継ぎ営業開始。取引先の見直しや販売価格の適正化のみならず、ディスコの組織経営・改善活動等の導入で初年度より黒字転換。茅野工場はディスコ装置向け部品や周辺機器の製造を担う拠点となった。
この地は、かつて諏訪圏有数の企業と言われた原電気株式会社が1971年に工場開設以後、約半世紀の歴史を刻んでおり、当時からの社員も現役で活躍している。
 
2010年
茅野工場に新棟を竣工
 
2018年
長野事業所・茅野工場 営業開始
ダイイチコンポーネンツ(DIC)の製造拠点として10年が経過し、経営陣はディスコの企業文化が茅野工場に充分浸透したと手応えを感じていた。同時に、IoT・Ai・自動運転技術の進展など半導体・電子部品の活躍の場の広がりに伴い、今後の需要増も見込まれていた。また、広島県に製造拠点が集中しているため、災害発生時のリスク分散も経営課題であった。これらを背景に、DIC茅野工場をディスコ主力製品の第2の製造拠点とすることを決定、2018年4月より長野事業所・茅野工場としてスタートを切った。今後も人員増強や建屋の拡充など、主要製造拠点としての組織強化を推進していく。