失敗してもいい、
まずやってみる
その気持が進化を加速する

情報システム
2018年度 中途入社
  • どんなお仕事をされていますか?
  • 色んなジャンルの知識が試される。
    一人で何役もこなしています。
  • 情報システム部で、長野事業所のIT周りのあらゆる仕事をまかされています。
    アクセスポイントやLANなどのネットワークの整備、PCや内線iPhoneといったデバイスの管理、サーバの管理・メンテナンス、システム開発など、任されている業務の範囲は非常に広いです。
    開発するシステムは社内用に特化しています。例えば長野事業所の工場で使われる部材の発注/納品/出庫システムなどを、製造、技術、購買、ロジスティクスなど各部門が使いやすいように変更したりしています。
    担当している業務範囲が広いので様々なジャンルの知識が必要とされますが、それに比例して自分のキャパシティが広がっていくのを感じます。
長野事業所のIT周りのあらゆる仕事をまかされています。
  • 前職と比べてどうですか?
  • 可逆性のものはどんどん変えていける。
    まずはやってみる。
  • 前職は金融系のSEでした。大小様々な案件のプロジェクトマネージャーや運用担当のリーダーをしていました。中には1つのシステムをリリースするまでに1~2年を要するような案件も担当していました。
    今もシステム開発を担当していますが、企画から開発・リリースまですべての工程を自分で担えるようになったことが大きな違いです。長野情報システムチームでは、内線iPhoneで撮った写真を直接プリンターで印刷できるアプリの開発や、プリンタドライバインストールの煩雑さを改善するQRコードの設置など、ITを使って業務の効率化を促すさまざまな施策を自ら考え実現していくことができます。
    最初から最後まで自分で作ったシステムだから、ここを変えようと着想したら即対応できます。

    会社としても「元に戻すことのできる可逆性のものはどんどん変えていく」という考え方があるので、まずはやってみよう、ダメだったら元に戻せばいいだけだという前向きな気持ちになれます。
    また、実際の利用者がすぐ側にいるので、反応を肌で感じることができ、直接感謝されたりもっとこうしてほしいというフィードバックをすぐに得ることができるため、やり甲斐につながっています。
企画から開発・リリースまですべての工程を自分で担える まずはやってみようという前向きな気持ちになれます
  • 働きがいはありますか?
  • 8割がコーディング、2割がその他
    開発に没頭できる時間が幸せです。
  • 通常、システムの開発というと、コーディングに割ける時間は2割程度で、残りは要件定義や外部設計、テスト項目書などのドキュメント作成や過剰なテストに追われますが、今はそれが逆になりました。
    というのも、ディスコにはすべての業務で“バージョン100”という考え方があるからです。完全なものを目指してリリースが遅れるより、多少不完全でもリリースして、実際に使いながら何回もアップデートを繰り返すという考え方です。小さな改善のステップを重ねることで開発のスピードを上げることができます。
    エンジニアとしてコーディングや実際に手を動かす目的に多くの時間を割けるのは単純に嬉しいですね。

    もちろん要件定義などに時間を割く事も重要ですが、箇条書きやラフな構成図など最小限の方法で目的を整理し、コーディングに充分な時間をあてることで、リリースまでの期間を最短に抑え、実際にシステムを使ってもらうようにしています。使ってみると本当に必要な機能が見えてくるので、その段階で手をあてていく。そんなフレキシブルでスピーディな開発がディスコではできると思います。
8割がコーディング、2割がその他
長野県茅野市ではたらく
茅野の好きなところは?
八ヶ岳の山々に囲まれた自然溢れる環境にも関わらず、都心まで2時間ほどで出られるところです。特急あずさ一本で新宿まで行けるので、気軽に行き来しています。
移住転職を検討している方に一言。
地方での仕事は、中小企業に就職して給与も下がるというようなイメージがあるかもしれませんが、ディスコは東京都大田区の本社と基本的には給与体系が同じです。生活水準を落とさずに地方暮らしを楽しめていると思います。
※一部手当など支給額が異なるものもあります
八ヶ岳の山々に囲まれ自然溢れる環境
社員インタビュー