会社情報トップへ

はじめにお読みください

コースの構成、および研修目標について

研修をお申し込みになる前にご確認ください

2011年10月より、SEMIスタンダード(SEMI規格)に則り、研修コースの分類をオペレーション/メンテナンスコースから階層1~3コースへと移行することとなりました。新規開発コースより順次対応します。尚、開発済みのコースに関しては従来通りオペレーション/メンテナンスコースの分類を継続使用させていただきます。

ダイシングソー/レーザソー

新コース名 現コース名 研修目標 代表的な研修項目
階層1 オペレーション
  • 設定済みのデータで、製品を加工するスキルを習得します
  • 装置を稼働させるためのデータ作成および設定、機能設定を行うスキルを習得します
  • フルオート運転
階層2
  • デバイスデータ
  • ブレード交換(ダイシングソー)
  • カーフチェック
  • アライメントティーチ
メンテナンス1 装置付属のメンテナンスマニュアルに記載されている定期保守項目・消耗品交換スキルを習得します
  • マシンデータバックアップ
  • 端面修正(ダイシングソー)
  • 点検項目、グリスアップ
  • 消耗品交換
階層3 メンテナンス2 装置付属のメンテナンスマニュアルに記載のない保守項目で、お客様にて実施可能な作業スキルを習得します
  • 部品交換
  • 精度測定(ダイシングソー)

グラインダ

新コース名 現コース名 研修目標 代表的な研修項目
階層1 オペレーション
  • 設定済みのデータで、製品を加工するスキルを習得します
  • 装置を稼働させるためのデータ作成および設定、機能設定を行うスキルを習得します
  • ウォームアップ
  • フルオート運転
階層2
  • 加工レシピ編集
  • ホイール交換、ドレス作業
メンテナンス1 装置付属のメンテナンスマニュアルに記載されている定期保守項目・消耗品交換スキルを習得します
  • 点検項目、グリスアップ
  • 消耗品交換
階層3 メンテナンス2 装置付属のメンテナンスマニュアルに記載のない保守項目で、お客様にて実施可能な作業スキルを習得します
  • セルフグラインド
  • 調整作業

新コース分類の研修で、オペレーションスキル全般を習得されたい方は、階層1と階層2をご受講ください。
機種によって研修項目が変わる可能性があります。詳細は各コースの研修概要をご参照ください。

尚、下記内容の研修は実施できません。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

  1. お客様特殊仕様部分の研修
  2. 弊社エンジニアのみ実施できる作業
  3. お客様製品を使用してのオペレーション研修

トレーニングマニュアルについて

タブレットPC上でトレーニングマニュアルを使用して研修を受講していただき、研修後、PDFデータ入りのCDをお持ち帰りいただきます。

  • タブレットPCは研修中弊社が無料で貸出致します。
  • PDFデータには受講者のお名前と会社名が印字されます。
  • 研修中はPDFへの書き込みが可能です。書き込みを含んだデータをCDに焼き、研修後にお渡し致します。(お渡しの際は編集不可の設定でお渡し致します。)
  • 文書上の文字や図をコピーして他のアプリケーションへ貼り付けることはできませんのでご了承ください。
  • トレーニングマニュアル等のご利用は、トレーニング受講者のみに限らせていただきます。受講されていない方への開示/譲渡/販売はご遠慮ください。

おすすめページ