地域貢献活動

広島事業所

郷原地区ホタル育成プロジェクト

広島事業所・桑畑工場は、生物多様性保全活動の一環で、呉市立郷原中学校ほか地域住民・団体の皆様によるホタル育成プロジェクトに2019年より参加しています。ディスコは生徒が孵化させた幼虫を預かり育成する役割を担っており、その育成の歩みを同校の課外授業などで報告しています。また、2020年7月および2021年4月には、地元・大谷川への、生徒による幼虫の放流をサポートしました。
今後はホタルの幼虫の餌「カワニナ」の研究を進めるだけでなく、他の生物や人が共存できる方法を考えるなど、地域の皆様との関係を深めながら、環境保全に取り組んでいきます。

郷原地区ホタル育成プロジェクト

工場周辺のクリーン活動

2021年2月、広島事業所メンバーの有志18名が桑畑工場周辺の歩道・歩道脇のクリーン活動を行いました。新型コロナウイルス対策のため、全員がマスクを着用し会話を最小限に抑え、手袋着用・トング利用により直接ゴミに触れないよう作業しました。約90分間で集めたゴミの量は合計35.5kgで、可能なものはリサイクルに回しています。自分たちが日常においてできること・すべきことを再認識する良い機会となりました。

工場周辺のクリーン活動

長野事業所

中学生にオンラインで授業を提供

2020年10月、茅野市北部中学校が開催した総合学習「ふるさとのためにできること」に、ディスコの事業や働き方を紹介する授業を提供しました。
平時であれば生徒を長野事業所に招待できますが、2020年は新型コロナウイルス感染対策のため、事業所と教室を繋ぎ、オンラインで実施しました。
ブレードなどのディスコ製品やスマートフォンを分解したものなどを事前に送ることで、地元の製造業がどのように社会に貢献しているかを、実物を見ながら学んでもらうことができました。

中学生にオンラインで授業を提供

クリーンウォーク

有志の従業員によるゴミ拾い「クリーンウォーク」を毎年実施し、事業所敷地外周の美化に努めています。
2020年度は20人が参加し約30kgのゴミを拾いました。
例年クリーンウォーク後に開催しているバーベキューは、従業員同士の関係の質を高める場にもなっています。
(2020年度は新型コロナウイルス感染症対策のためバーベキューは行わず、お弁当を配布しました)

クリーンウォーク

海外拠点

福祉施設への食料寄付

2020年12月、シンガポールの現地法人DISCO HI-TEC (SINGAPORE) PTE LTDでは福祉施設への食料寄付活動を実施しました。
この活動は「新型コロナウイルス感染症が拡大する中でも、何か地域社会に貢献できることはないか」との思いから従業員有志が企画したものです。缶詰やインスタント食品など保存食を、活動に賛同した86名の従業員から集めました。それを自分たちで仕分けてバランスよくセットにまとめ、合計186セット分を近隣の福祉施設へ寄付しました。

福祉施設への食料寄付

海岸清掃の取り組み

台湾の現地法人DISCO HI-TEC TAIWAN CO., LTD.(DHT)では2018年度より海岸清掃活動を実施しています。これは、ダイビングを楽しむ社員の『ゴミだらけの海岸をキレイにしたい』という想いからスタートしたもので、2019年度にはDHTの社員とその家族計33名で活動しました。
参加メンバーが驚いたのは、海洋ゴミのほとんどがプラスチックであったことと、その量の多さでした。この経験から、エコバッグを積極的に使うことやプラスチック製ストローの使用をやめることなど、日常生活において“自分たちがすぐできる環境配慮”を意識して行動するようになりました。

海岸清掃の取り組み

最終更新日:2021年07月09日


おすすめページ