DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > ニュースリリース

ニュースリリース


プレスリリース

プロセス対応力を向上
Φ300 mmウェーハ対応フルオートマチックダイシングソーDFD6363を開発

半導体製造装置メーカー・株式会社ディスコ(本社:東京都大田区、社長:関家 一馬)は、Φ300 mmウェーハ対応フルオートマチックダイシングソー「DFD6363」を開発しました。DFD6363は、Φ300 mm Siウェーハでの半導体生産において広く採用されている主力機、DFD6362のプロセス対応力をさらに向上したダイシングソーです。SEMICON Japan 2018(12/12-14:東京ビッグサイト)にて当機を初出展します。

開発背景

IoTやAIの進展、自動車の電装化、データ通信量の増加に伴うサーバ・ストレージ需要の高まりなどを背景に、半導体市場は今後も拡大が見込まれます。Φ300 mm Siウェーハでの量産ニーズに対し、当社はこれまでフルオートマチックダイシングソーDFD6362およびDFD6361を提供しており、これらは世界中の半導体メーカーで稼働しております。
一方、近年は半導体製造プロセスの多様化が進むと同時に、生産性のさらなる向上が求められています。これらに対応するダイシングソーとして、DFD6363を新たにラインアップしました。

DFD6363の特徴

多様なアプリケーションに対応

フレーム搬送/ウェーハ搬送兼用※1
ダイシングフレーム搬送とウェーハ直接搬送の双方を、搬送機構の段取り替えなく兼用可能です。これにより、フレーム搬送によるフルカットのみならず、ウェーハを直接搬送し、ハーフカットした後に裏面研削することでチップ分割を行うDBGプロセス※2などに対応できます。
ブレード自動交換による稼働率向上※1
ブレードのライフエンドを自動検知し、ブレード交換から加工復帰までを全自動で行うABC(Auto Blade Changer)の搭載で、ダウンタイムの最小化が可能です。さらに、加工ワーク変更に伴うブレード交換時の品種間違いも防止できます。

基本性能の向上

表示モニタの大型化
従来15インチだった画面サイズを19インチにサイズアップすることで、表示可能な情報量が増えるとともに、視認性・操作性が向上しています。
多軸同期制御による動作待ち時間短縮
従来、個別に制御していた3つの加工軸(加工テーブル軸、カット位置決め軸、カット深さ調整軸)を同期制御することにより、軸動作の待ち時間を短縮しました。
新型1.8 kWスピンドル搭載による加工安定性向上
従来の1.2 kWスピンドルと同等のサイズで、1.5倍のトルクアップを実現しました。これにより加工安定性の向上が可能です。
新型NCS(Non-Contact Setup)による生産性向上※1
加工テーブルに対するブレード高さの位置決めを非接触で行うNCSを改良し、測定時間を74%短縮しました。また、測定精度の向上により、加工品質のさらなる安定化が可能です。
今後の予定
2018年12月 : SEMICON Japan 2018出展
2019年10月 : 販売開始予定
※1 : 
オプション対応
※2 : 
DBGプロセス(Dicing Before Grinding)とは、従来の「裏面研削→ウェーハ切断」というプロセスを逆転させ、先にウェーハをハーフカットした後、裏面研削によりチップ分割する加工手法です。チップ分割時の裏面チッピングやウェーハの破損リスクを抑えられるため、Φ300 mm ウェーハによるメモリ生産で多く採用されています。
お問い合わせ
株式会社ディスコ 広報室
Phone: 03-4590-1090
ニュースリリース

レーザエンジニア募集中(キャリア採用)
個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ