取締役、監査役、執行役員の選任理由

取締役

氏名 選任理由 役職
関家 一馬 1989年入社後、技術開発部において新装置開発プロジェクトのリーダーなどを経て、技術開発部長に就任。
その後、取締役に就任し、技術開発担当取締役として、当社の技術開発に貢献した後に、常務取締役を経て、現任の代表取締役社長に就任。
当社における技術開発の知見と事業全般に関する深い知識および豊富なアイデアを持ち、今後も強いリーダーシップを発揮し続けてもらうことが期待されるため、引き続き取締役として選任しています。
代表取締役社長
(CEO)
(COO)
(技術開発本部長)
吉永  晃 1981年入社。主に海外経験を積んだ後、海外営業部門および海外子会社の責任者として長年執行役員を務め、2019年現任である専務取締役に就任。
変化の激しい市場において営業分野から当社の成長と発展に貢献しております。
幅広い顧客との人脈と豊富な経験を経営に活かしてもらうため、引き続き取締役として選任しています。
専務取締役
(営業本部長)
田村 隆夫 1977年入社。海外現地法人の立ち上げなどの経験などを積み、その後、本社に帰任。経営管理部長などを経て、取締役に就任。
その後も管理部門の責任者としての業務を管掌しており、2011年現任である常務取締役に就任。
当社の管理部門を統括する責任者を務めるとともに、国内外の子会社を監督しています。その経験の幅広さと知識を経営に活かしてもらうため、引き続き取締役として選任しています。
常務取締役
(CFO)
(サポート本部長)
稲﨑 一郎 当社の事業分野における専門知識を有しており、事業内容を深く理解されていることから、その高い見識を当社の事業強化に活かしていただくため、社外取締役として選任しています。
なお、同氏は、社外役員となること以外の方法で会社の経営に関与した経験はありませんが、上記の理由により、当社の社外取締役として、経営における客観的かつ専門的な視点で適切かつ有益な提言および助言をしてもらうことを期待しています。
社外取締役
田村 進一 当社の製品に関わる技術分野において高い学術知識を有しており、当社製品の製造技術を深く理解されていることから、その高い見識を当社の事業強化に活かしていただくため、社外取締役として選任しています。
また、同氏は、企業経営者としての経験も有していることから、当社の社外取締役として、経営における客観的かつ専門的な視点で適切かつ有益な提言および助言をしてもらうことを期待しています。
社外取締役

監査役

巳亦 力 当社の顧客企業での経験に加え、他社における役員も経験されております。さらに、当社事業を取り巻く技術領域において深い見識を有し、実務にも精通されており、当社の監査役として希有な存在であります。
これらの経験・スキルを背景に長期に及ぶ在任期間中において、当社が期待する役割を十分に果たしております。
社外監査役全体をひとつのチームとして見て、在任期間の長短や当社の求める資質・背景を有しているかなどのバランスを取りながらメンバーを構成しており、チームには欠かせない存在であります。
また、指名・報酬諮問委員会の委員および代表取締役評価委員会の委員長に就任しており、社外役員の代表としての取りまとめ役としても貢献していただいております。
引き続き経営全般に対する監督と有効な助言や発言をしていただくため、社外監査役として選任しています。
社外監査役(常勤)
髙栁 忠雄 金融関係の業務に長年携わってきた識見と経験から、財務・会計および法務に関する高い見識を有しており、監査役として経営全般の監視を引き続きお願いするとともに、
これまでの経験を活かした有効な助言や発言をしていただくため、社外監査役として選任しています。
社外監査役(常勤)
山口 裕正 金融関係の業務に長年携わってきた経験から、財務・会計および法務に関する高い見識を有しております。
また、長年にわたる経営者としての豊富な経験と幅広い知識を引き続き当社の監査に反映していただくため、社外監査役として選任しています。
社外監査役(非常勤)
時丸 和好 金融および法務関係の業務に長年携わってきた経験から、財務・会計および法務に関する高い見識を当社の監査に反映していただくため、社外監査役として選任しています。 社外監査役(非常勤)

執行役員

阿部 直樹 1979年入社。特に装置製造部門を長く経験しており、1995年に精機製造部長に就任。変動の激しい半導体業界において、現在の装置製造体制を築いた。
その後、製造全体を統括する製造本部長に就任し2011年に執行役員に就任。
製造への深い知識、経験を今後も当社経営に活かし続けてもらうため、引き続き執行役員として選任しています。
執行役員
(製造本部長)
関家 薫 1980年入社。購買部門における経験が長く、2002年に購買部長に就任。その後も当社の購買戦略の立案、実行を担当し、2011年に現職である執行役員に就任。
当社製品の知識と、購買に関する深い知見、サプライヤとの幅広い人脈などを有しており、当社の経営に貢献してもらうべく、引き続き執行役員として選任しています。
執行役員
(購買本部長)

おすすめページ