会社情報トップへ

ダイシングソーによる厚物加工

アプリケーション加工実例

一般的にブレードダイシングソーはウェーハ状の被加工物を切断するために使用されますが、特殊仕様の導入により厚物サンプルの加工にも対応可能です。

加工実例

写真はソーダガラスブロックに対し、ブレードダイシングソーを用いて深さ60mmの溝入れ加工を実施したものです。
装置・砥石の製造技術を活かし、様々なお客様の目的に合わせたカスタマイズに対応します。

加工実例
ガラスサイズ:40x15x70 mm
ブレード切り込み量:60 mm

お問い合わせ

ご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社ディスコ 営業本部 国内営業部

おすすめページ