DISCO
Japanese Chinese Traditional Chinese Simplified Korean English
サイトマップ
会社情報 株主・投資家情報 CSR情報 採用情報
HOMEニュースリリースソリューション製品情報カスタマーサポートお客さまの満足のためにお問い合わせ
ディスコHOME > CSR情報 > 働きやすい職場づくり > 安全と健康への取り組み

CSR情報


安全と健康への取り組み

ディスコでは、従業員の安全・健康を最優先の事項の一つとしてとらえています。そのため、従業員の事故・災害を未然に防止し安全かつ健康に生活を送ることができるように2005年より安全・健康原則を定め、さまざまな取り組みを進めています。
安全・健康原則
安全・健康原則
安全・健康原則では、事故・災害を未然に防ぐため、かつ健康を確保するために従業員の行動及び組織活動の方向性を明確にしています。

原則一 安全・健康は、最優先事項の一つである
原則二 従業員だけでなく、製品・サービスに関わるすべての人*1の安全・健康を確保する
原則三 事故ゼロから危険ゼロに進化させる
原則四 法規制の遵守は当然のこと、更にその上を目指す
原則五 就業時間外*2の安全・健康も同様に重要である
原則六 安全・健康への気づきは常に必要である
原則七 安全・健康上の欠陥は直ちに改善する
原則八 非常時であっても、あらゆる危険回避策に知恵を絞り使命を遂行する*3
原則九 危険と感じたら作業を止め、安全・健康に関して納得できるまで作業をしない
原則十 初めての状況には、十分な調査と十分な準備を徹底する
*1 すべての人とは、製品を使用する人、つくる人、メンテナンスする人などであり、お客様やサプライヤーも含みます。
*2 就業時間外とは、通勤中、休憩中のことです。当然、車での移動中も安全運転を心掛ける必要があります。さらにプライベートの時においても安全・健康は最優先してほしいという想いも含んでいます。
*3 安易に使命を放棄することで安全・健康を確保するのでは無く、あらゆる手段を駆使して使命と安全・健康の両立を図る事が必要です。但し、その結果どうしても危険を回避できないと判断した場合には、使命を放棄する勇気も必要です。
安全な職場づくり
事故ゼロへの取り組み
「安全衛生が企業文化として定着し事故が起きない状態」を目指して2004年度より事故ゼロへの取り組みを開始しました。
具体的には、各職場の特性に応じた事故につながるリスクを低減する活動、交通事故ゼロ運動、安全教育、および防災活動に注力しています。

安全運転講習会
安全教育
事故ゼロを実現するためには、従業員一人ひとりの安全意識の向上が欠かせないことから安全教育を行っています。
近年特に力を入れているのが、カスタマーエンジニアに対する装置メンテナンス時の安全教育です。国内および海外の現地法人全てに対し、同一基準の安全教育を実施しています。
グループ全体で事故ゼロを実現すべく取り組みを進めています。

装置メンテナンス安全講習会
OHSMS(労働安全衛生マネジメントシステム)
ディスコでは、生産拠点である広島事業所でOHSAS18001の認証を2004年に取得し、2013年に返上しました。
安全に対する従業員の意識も十分向上したこと、OHSAS18001に基づくシステムの維持・向上を継続させることで、「自己適合宣言」します。
今後も内部監査を充実させ、労働安全衛生マネジメントシステムを継続します。
また海外現地法人では2007年にDISCO HI-TEC (SINGAPORE) PTE LTD、2008年にDISCO HI-TEC EUROPE GmbHで取得(2016年返上)し、 2009年にはDISCO HI-TEC CHINA CO., LTD.にてOHSASに準拠した「GB/T 28001-2001. 职业健康安全管理体系」を取得しました。
OHSAS18001認証書,「GB/T 28001-2001. 职业健康安全管理体系認証書
労働安全衛生方針
健康経営
ディスコでは、2013年度から健康経営に取組みはじめ、経営目標の一つとして「健康一級」を掲げ活動を展開しております。
従業員一人ひとりの日々の活動の中に、特別なこととしてでなく、自然な形で健康施策を取り入れ、また、ディスコが永きにわたり培ってきた組織経営施策(個人Will※1やPIM活動※2、DISCO VALUES※3)とも融合を図ることで、ヘルスリテラシーの向上や、従業員一人ひとりの生産性の向上、さらには業績向上へと繋げています。(2013年度比、2018年度売上高 1.4倍、経常利益 2.2倍)
*1 従来の部門別管理会計を個人単位に展開した「個人別採算制度」で、各自が成果に対するこだわりをもち、能動的に業務に向き合うことを目指した仕組みです。あらゆる業務や備品など社内サービスがWillによって値付けされ、その請求や支払いといったやりとりが日常的におこなわれています。値付けは定額の定型業務・サービス以外は、業務の緊急度・難易度・分量・信頼関係などが加味され、当事者間の合意のもとでなされます。
*2 ディスコが10年以上に渡り継続しているオリジナルの改善活動「PIM(Performance Innovation Management)」。ディスコの”進化体質”を形成する為に、製造・技術部門のみならず、管理部門も含めた国内外の全拠点にて日々行われている活動です。
*3 DISCO VALUESは、企業としての目指すべき方向性や経営の基本的なあり方、一人ひとりの働き方など、さまざまな観点から「あるべき姿」を明確にした企業理念です。
健康に関する全社の取り組み(参加率:各年度 85%以上 )
「健康診断一級」
2015年度は「健康診断一級」をテーマに活動しました。保健師による「健診結果の読み方勉強会」や「健康診断一級テスト」を受けることで、健診に関する知識を深めました。また、生活習慣病に関連する検査項目の中から、自分で改善を目指す項目を選び、生活習慣の改善に取り組みました。
「健康改善チーム戦」
2016年度は「健康改善チーム戦」として、健康診断一級に関してチームで活動しました。チームを組むことで、メンバー同士励まし合いながら、改善に取り組みました。また2017年~2018年度は、健康改善チームの中で、自分の健康法を紹介したり毎週の体重測定を実施したりすることで「健康改善チーム戦」をさらに活性化し、健康への意識向上を図っています。
「デンタル一級」
2019年度は「デンタル一級」をテーマに活動しています。「歯科検診の習慣化」を目指し、今年度全従業員が口腔の健康と向き合います。歯と歯茎に関する詳しい知識を習得し、正しい歯磨きの方法を学ぶだけでなく、社内で歯科検診を行ない、治療が必要な人には医療機関への受診を促しています。
ソフト対策
メンタルヘルスケア
ディスコでは体の健康だけでなく心の健康も重視しています。毎年のストレスチェックのほか、産業医や保健師への相談、社内で心療内科医のカウンセリングを受けることができます。
森下 克也氏
嘱託心療内科医
「心の病気も早期発見が大切」
ここ10 年くらいで日本における心の病気は急増しています。
心の病気は特別なものではなく、誰もがかかる可能性のある病気となりました。心の病気も、身体の病気と同じく早期発見が重要です。そこでセミナーなどを通じて自分自身や周りの人に少しでも兆候があれば、上司や専門家に相談することを勧めています。
何かあれば、ためらわずカウンセリングに来てほしいですね。
禁煙対策
2017年度から健保組合と協力し、自己負担無しで受けられる禁煙支援プログラムを実施しています。2019年度は、健保組合が定期的に禁煙状況をトラッキングするだけでなく、一人ひとりの状況に合わせたアドバイスを行うなど禁煙支援を強化しました。その結果、参加者の約68%が半年間の禁煙維持に成功し、この割合は昨年度より約16%向上しています。
ハード対策
社内にフィットネスジムやスタジオ、プールでの専任インストラクターが運動指導を実施。
体育館やテニスコート、フットサルコート、ゴルフ練習場など、生産工場の建物内に併設することで、気のあうメンバー同士が日常的に体を動かす事のできる環境を整備しています。
健康をサポートする組織体制
2019年度からは保険事業が全社における重要な役割を担っていることを従業員が感じやすくすること、また、今以上に実効性を高めるために、産業保健スタッフを単独組織へと移行し、人事部門・健康保険組合と三者一体で協力した体制を構築して活動に取り組んでいます。
外部格付け
上記の様な活動の展開により、ディスコは、経済産業省と東京証券取引所が共同で取り組む「健康経営銘柄2020」に選定されました。
また、同時に、経済産業省と日本健康会議が推進する「健康経営優良法人(ホワイト500)2020」にも4年連続選定されました。
https://www.disco.co.jp/jp/news/press/20200302.html
CSR情報

個人情報保護方針
利用規約
弊社の社名利用について
古物営業法に基づく表示
弊社製品の使用に対する補償ポリシー
このページのトップへ